鴨鍋~。

鴨鍋~。

現在足を負傷中の娘をお迎えに行った際、買い物もして帰ってきました。

白菜にねぎ。

本当はごぼうも欲しかったのですが、面倒なので却下~。

そう、今日の晩ごはんは鴨鍋なのです。

先日、鴨鍋のセットをいただいたのですが、鴨鍋ってほら、お肉の量少ないでしょ?

これじゃとうてい足りないと思って、生協でもう一つ購入したのです。

2セットあれば絶対大丈夫だもんね。

鴨鍋といえばごぼうなのですが、ささがきが面倒・・・。

そこでズボラをしようとささがきごぼうを探したのですが、なんだかそのお店に唯一あったものは太くて。

いいや、白菜とねぎをたっぷり入れて、雑炊メインに食べることにしちゃおう、と考えてごぼうはやめたわけです。

帰宅してから、白菜とねぎをすべて千切りにしました。

家族4人で、白ネギ2本と白菜が1/4個です。

そこにお豆腐も1/2丁入れました。

そしてたっぷりの鴨肉と肉団子を投入。

カモは煮すぎると固くなるというのでそこは気をつけました。

土鍋でたっぷり作ってからテーブルへと出します。

まずはそのままおいしくいただきます。

2セット使うと鴨肉もたっぷり食べることができますし、隙あらば野菜をよけて食べようとする子どもたち、特に娘、も千切りだとちゃんと食べてくれます。

肉に絡んでくるからね、うひひひ、逃げられないだろう(笑)

お野菜もお肉もどんどんみんなのお腹におさまっていきます。

しかし、今日は具を控えめにしていたので、雑炊もたっぷりお腹に入りそう。

ダシがたっぷりでたこのスープがおいしいんですもんね。

スープにどかん、と冷ご飯を入れて煮込みます。

卵は入れるか入れないかという相談も行われましたが、今日はなし、味を堪能しようということに決定しました。

土鍋に半分くらい?はありそうな雑炊ですが、どんどんなくなっていきます。

いつも鍋に野菜を入れすぎて雑炊が食べられなくなるので、今日はそれを阻止しました。

鍋よりも、鍋の後の雑炊が大好きな子どもたち。

熱い熱いと言いながらももりもり食べています。

結局大量の雑炊もちゃんと空になりました。

旦那さんも本当に幸せそうで、食べ過ぎた~、と。

最近ちゃんと腹7分目で済ませるように頑張っているので、たまにはいいですよね。

そろそろ鍋のおいしい季節、これから頻繁に登場しそうです。

とある朝の風景。

運動会の代休で、息子は平日なのにお休み。

相変わらず朝からダルダルしています。

休みじゃなくてもダルダルしているんですが、休みとなるとそれが倍増。

もう~、邪魔っ!

しかも甘ったれで、自分の部屋ではなくわざわざリビングなどに出て来て転がるので掃除もできゃしない。

仕方ないので、息子のいないところを片っ端から掃除です。

家族が長く家にいた週末が終わればどうしてもあちこち汚れています。

掃除機をかけまくらねば。

ついでにゴミの日だから、靴箱の中を掃除しましょう。

もう少ししたら、先月予約しておいた可愛いブーツがやってくるはず。

娘の足が去年に比べて大きくなっているので、今まではいていたものはまず入りません。

すべて処分です。

捨てろ捨てろ~っ、ゴミの日に合わせて捨てろ~っ。

片付けたついでに、玄関の傘立てにハロウィンのリースを飾りました。

風水では、ドアにものをかけるのはよくない、ということなので、我が家はいつも傘立てに飾り付けが行われるのです。

可愛い飾りのついた小型のリースは100円。

結構お気に入りなんです。

そんなことをして部屋に戻っても息子はゴロゴロ。

さらに言えば自分の部屋が汚すぎるので、掃除をするように言いました。

ため息をつきながら部屋に向かう息子・・・じゃ日ごろから掃除せい!と追い打ちをかけたいのをこらえます。

ホント彼とは、性格は似ているのにペースが違い過ぎて合いません。

いや、似ているものがダメなんだっけか?

嫌なことは早く終わらせてしまおう、という私と、嫌なことは何とかせずに避けられないだろうかとギリギリまでゴネる息子。

お互いが妥協するべきなのでしょうね~。

何とか掃除も終わった頃、夜勤明けの旦那さんが帰宅です。

息子は少し前に遅めの朝ごはんを食べていたので、今度は私と旦那さんがさらに遅い朝ごはんです。

先日買ってきた、カップではないどん兵衛を作ってみました。

あげは、大きい物ではなく刻んだものが粉末スープと一緒に入っています。

作って食べてみると、確かに味はどん兵衛そのものなのですが、どん兵衛にはあのおおきなお上げさんが大切なのだと言う事を痛感いたしました。

個人的な意見として、やはりどん兵衛はカップに限ります・・。