深夜ファミレスにて

深夜ファミレスにて

この間、終電で仕事から帰る友達を駅近くのファミレスで待っていました。

晩ご飯を過ぎた時間帯から数時間、ドリンクバーもあるお店だったので読書しながら時間を潰していました。

平日だったので店内は空いていましたが、10時を回った頃に隣のテーブルに女の子が2人座りました。

大きな楽器を2人とも抱えていたので、近くの音大生だろうなと思いました。

聞くつもりはなかったんですが、結構大きな声で話しだしたのでついつい耳に入ってしまい話をふむふむと聞いてしまいました(笑)

どうやら試験期間だったようで、今日はやっと試験から解放されたのでご飯を食べにきたみたいです。

その試験の科目のひとつを、出席を取られないのをいいことに一度しか授業に出席しなかったせいで試験前になって大変な思いをしたと片方の女の子が言いました。

ああ、よくあるよねそういうのと心の中で頷きました。

後になると、出席を取る先生の方が親切だということに気づくんですけどね(笑)

私もつい出欠に関して甘い先生の時はさぼりがちでした。

実際は試験で授業に出た際のノートが必要になり、その子は慌てて友達に声を掛けたらしいです。

それで、きちんと授業に出席していた子にノートを借りたら、びっしり板書が写してあって怖かったと。

借りておいてそれはちょっと…(^_^;)

と、突っ込みたくなりますよね。

とにかくそのノートのおかげで何とか試験を乗り切ったという話だったのですが、口調ととりとめない感じが「若いなー」なんて思いました。

その後、彼氏の話などマシンガントークを繰り広げ帰っていく頃、ちょうど私も時間になりました。

なんとなく場所も場所だけに、ノスタルジックな気持ちになった夜でした。

不動産屋探しに苦労

友達とのルームシェアをするべく、その時すでに仕事を辞めていた私はまずメールで不動産屋へのアポをとることから始めました。友達同士のルームシェア、無職という悪条件でも対応をしてもらえる親切な不動産屋さんを探すためです。

とにかく手当り次第にメールを送りました。インターネットから検索をしてはメールを送る作業を1日に何十回もこなしていたと思います。それでも、返事が返ってくるのはほんの数件でしかもお断りメールばかりでした。

無職という点については、保証人がいればまだいいそうなのですが、友達同士のルームシェアという点がNGを出されやすいようですね。それだけトラブルも多いということだと思います。アポを取り始めて1週間ほど経過した際、SNSサイトでとある不動産屋さんのクチコミ情報を発見しました。

クチコミする人たちがみんな「親切な不動産屋」と書き込みしているのを見て、さっそくネットで検索してみることにしました。すると、偶然にも吉祥寺にある不動産屋でした。私たちの住居希望が吉祥寺近辺だったのでこれはラッキーでしたね。

そしてその不動産屋さんのホームページからメールでアポを取ってみると、なんと友達同士のルームシェアも無職でも大丈夫だというお返事が!一度物件を探しに来てみては?というお返事をいただきました。

さっそく友達の休みに合わせて二人で吉祥寺へ!吉祥寺の不動産屋さんへは迷いながらもなんとか到着し、担当の方にご挨拶しました。私がいつもメールのやり取りをしていた人だったのでお話もスムーズにいきました。クチコミの評判通りでとっても親切な不動産屋さんでしたよ!

頑張って探した甲斐あって素敵な不動産屋さんに出会えました。どうなることかと思いましたが、まずは第1歩を踏み出せたような気がします。